2014年10月23日

シームシーラー塗った

普段履き用にコロンビアのトレッキングパンツを買いました。購入したのは少し前に訪れた入間のアウトレットショップです。ある理由があってコロンビア製のパンツの購入は控えていたのですが、普段履きでも派手すぎないデザインが気に入っての購入です。随分と安くなっていたし、使っている生地も良さそうです。生地のウェイトはいわゆる中厚手。これからの季節に重宝しそうです。

理由があってコロンビア製のパンツの購入は控えていた、と書きました。その理由は、ミシンの縫製がほころんじゃうというトラブルです。肝心要の股からお尻に掛けての部分です。これまでは、リフォームショップに持ち込んだりして直しました。この症状、これまで買った6本のコロンビアのパンツの内、3本に発生しているのです。確率50%。たまたまかも知れませんが、これじゃ買う気が失せてもおかしくはないはずです。

買った後で対策を考えるのも泥縄ですが、シームシーラーを縫い目に塗るという方法を採用しました。シームシーラーは日本語で言えば目張り剤。テントや雨具の縫い目から水の浸入を防ぐために塗る、接着剤のようなものです。これで、縫製部分を固めてしまおうという考えです。理屈では縫製のほころびが発生しても、糸はその場に留まるので問題なしのはずです。どの程度の効果があるのかわかりませんが、昨晩作業しました。
posted by miura_rt at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104855257
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック