2014年12月02日

熱帯夜減った

東京が寒くなります、そんな発言をお天気キャスターがしました。気象情報関連の話題は嫌いじゃないので、すぐにあの話だなと察しは付きました。随分前に東京として発表している気象データの観測地点を、気象庁敷地内から北の丸公園に移転するという話を聞いていたからです。その時点では、移転日は明確にされていませんでしたが、12月2日から新観測点での運用が始まることになりました。

ビルに囲まれた気象庁敷地内から、緑が豊富な北の丸公園。周辺環境の違いで、測定値が変わってくるわけで、最低気温の年平均値は1.4℃、年間の平均気温も0.9℃下がるそうです。熱帯夜にいたっては、年平均27.8日から11.3日と半分以下になるとか。これが、東京が寒くなるという真相です。実際に寒くなる気温が下がるわけではありませんが、発表値と感覚のズレが出てくるはずだと、気象庁はいっています。

特に、冬よりも夏にこれまでの感覚とのズレが大きくなると書かれていました。確かにそんな思いをするかも知れません。熱帯夜じゃないのに寝苦しいなぁ、なんてね。
posted by miura_rt at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 世間
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106136698
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック