2014年12月06日

片道飛行機だった

上野と札幌を結ぶ寝台特急の北斗星が、来年中に廃止する方針が決まったと報道がありました。16年には北海道新幹線の新函館開業が予定されているわけで、その時に廃止になるだろうなぁ、と言われてきました。それよりも北斗星廃止時期は、少し前倒しされるようです。現在定期で走る唯一のブルートレインです。ちょっぴり寂しさを感じました。JRの正式な発表ではないですが、どうなるか注目です。

青函トンネルを走って上野と札幌を結んだ北斗星は、1988年に誕生しました。乗ること自体が目的になる列車として、運転開始当初はチケットを取ることすら困難でした。一度は乗ってみたいと思いは、1989年の9月に果たします。北海道出張がありました。仕事だし往復飛行機が当たり前です。飛行機よりも高額な北斗星を認めてくれるわけありません。でも、ここは北斗星乗車のチャンスと考えて、札幌→上野の北斗星B寝台を押さえました。で、会社と交渉です。

北海道までの航空券は会社持ち。帰りの交通費は自分持ち。北斗星の上野着は11時台になるが、遅い時間の出社を認めてもらう。こんな形で決着しました。北海道での仕事を終えて、本来ならもう羽田に着いているような時間に、札幌駅で北斗星の入線を待ちます。その時のわくわく感は、今でも忘れていません。
posted by miura_rt at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106196992
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック