2015年04月09日

渋滞減った

昨日のことですが、首都高が3月7日に開通した中央環状線の利用状況を発表しました。渋滞緩和がデータとして記録されたようで、都心環状線全体で約7%交通量が減少したとのこと。昨年3月と比較して、渋滞が約5割も減少。特に浜崎橋JCT周辺では、以前からの1日平均9時間が、ほぼ解消されているということです。中央環状線が開通したことで、都心環状線から中央環状線にクルマの流れが移ったことは容易に想像できます。この先どうなるか、注視したいところです。

何せこのデータは、開通後1週間のデータですから、中央環状線にクルマの流れが集中しちゃって渋滞発生なんてこともあり得ます。それに、外回りの熊野町JCTのように中央環状線と5号線が平面クロスするような配線もありますから、今後の首都高の出方は見守りたいですね。
posted by miura_rt at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/117781260
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック