2015年05月27日

ネギトロ丼食べた

マグロのすり身を買ってきて、ネギトロ丼にして食べました。何事もなく普通に食べられましたが、素朴な疑問を覚えます。というのは買ってきたのはマグロのすり身だけど、トロではなさそうです。ってことは、今食べたものはネギトロと呼んでいいのかどうか。そんなわけで、食後にネットで調べることにしました。

一般的な認識としてのネギトロは、マグロの骨の隙間にある身や、筋の多い肉の脂身をこそげ落としたもの、だそうです。一方で、中落ちをそぎ取ることを「ねぎ取る」と呼んでいたことに由来する説もあるとか。とにかく、浅草の寿司屋のまかない飯がその起源だそうです。最近スーパーなどで売られているものの中には。キハダやビンチョウのすり身に油脂や調味料を加えて販売されることもあって、僕が食べたすり身は結構安かったから、この類かも知れません。
posted by miura_rt at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/134902659
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック