2015年05月28日

ダクトテープ売ってた

排水管の補修で情報を探していた時に、ちょっと脱線してガムテープについて、ある事実を知っちゃいます。一般的に、ガムテープとは布製の粘着テープのことですが、実は本来のガムテープはクラフト紙製のテープで、接着面に水溶性のガムつまり接着剤が塗られているテープだとか。切手みたいに水を使って接着させるテープのことだそうです。

でも、商標登録されていないので、普通の粘着テープをガムテープと呼ぶことは、問題ないとか。ちなみに、アメリカではガムテープのことをダクトテープと呼ぶという認識を持っていましたが、これはどうやら間違いのよう。実際、補修テープを買ったホームセンターで見ましたが、ダクトテープって別にあるんですね。どうやらガムテープよりも粘着力の強いテープを、ダクトテープと呼ぶようです。商品名としてガムテープとの差別化を図るメーカーの意図かも知れません。
posted by miura_rt at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/135266434
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック