2015年07月01日

8時59分60秒だった

月が変わって7月です。7月1日にうるう秒の調整が、行われることを知りました。ここ何日かはTVでも、ニュースとして流しています。地球の自転などで決まる時刻と原子時計のずれの修正のために、今日1秒多めにカウントします。日本では、8時59分59秒の次に8時59分60秒が入り、その後9時00分00秒になりました。なぜ9時かというと、世界標準時との時差の関係です。

そのうるう秒が入る瞬間を、手持ちの時計で見ることはできません。電波時計の場合、知らない間に時刻修正が行われるので、気付くことはないということです。8時59分60秒の表示を眺めるイベントが行われていました。わざわざ行くほどでもないと思いましたが、興味はありました。ちなみに、8時59分60秒を表示できる一般の時計がないわけではないようで、そんな時計を買ってみたいとちらっと思ったのでした。
posted by miura_rt at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 世間
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/147755409
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック