2015年07月24日

隼作った

金曜日のニュースで、ちょいと興味を持ったものがありました。「まさか図面あるとは…隼製造『幻の飛行機工場』」の見出しです。山梨の旧田富村、現在の中央市に完成した立川飛行機甲府製造所の建屋の配置や建設過程を示す平面図が見つかったという話です。1943年から建設を始めて1945年に完成した航空機の生産工場ですが、終戦で取り壊され、跡地は流通団地になったのですが、当時の資料などもなく、工場の詳細はわからなくなっていたのでした。

それが、国立国会図書館が所蔵する米軍資料の中から、工場や倉庫などの位置が記載された平面図が見つかったということです。何でも米軍が、空襲の効果を検証するために作成した資料とか。米軍の資料からとはいえ、失われたものが見つかるって、とってもいいことだと思ったのです。ただ、見出しの「隼製造」にはビックリです。終戦の年まで1式戦の隼を作っていたんですねぇ。かつては戦闘機マニアだったはずですが、意外と知らないものです。
posted by miura_rt at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/156297673
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック