2015年12月18日

冬至が近づいた

今日は今年一番の冷え込み。来週の火曜日、22日は冬至です。1年で昼の時間が、最も短いとされる日ですが、一昨年ある事実を知りました。国立天文台発表のこよみを見ていて気付いたのですが、昼の時間は長くなるが、日の出の時間は冬至以降も遅くなるという事実です。冬至以降、日の出が早くなり日の入りが遅くなるものだと思っていたので、それを知った時軽いショックでした。ショックと書くと大げさかな…。

東京のこよみをチェックしました。今年の冬至は、日の出6:47、日の入り16:32です。日の出が遅くなるのは元旦前後で、日の出6:50、日の入り16:37。日の出は遅くなっていますが、昼間の時間は伸びています。元旦前後に日の出が遅くなるということは、初日の出を見る人にとっては、歓迎すべきことかも知れません。初日の出をいまだに見たことがないし、今シーズンもその予定がない人間の暇ネタでした。
posted by miura_rt at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 世間
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170155826
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック