2014年02月09日

大汗かいた

哲学堂の梅
風呂上がりに念のため、湿布薬を体に貼ります。45年ぶり27cm積雪の後の雪かきは、結構なハードワークになりました。午前中から始めて昼過ぎまで大汗かきながらの作業です。普段ならカメラ持って滅多に見られない雪の東京の風景を撮影するのですが、午前中からの雪かきで戦意喪失。近場で済まそうと、妙正寺川の沿川をちょっとだけ歩きました。写真は哲学堂公園。梅が咲いていました。

新橋付近
今日は気温も結構上がったので、厚着せずに歩けました。陽射しで溶けた屋根の雪がもう軒からしたたり落ちている所もあって、そこは注意。妙正寺川沿いの道は、随分と除雪されていました。そしたら荷台に雪を満載したトラックに遭遇。見物してたら川に雪を捨て始めました。転落防止フェンスの扉のカギを開けていたので、きっと中野区の委託でしょうが、初めて見る光景です。
posted by miura_rt at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86942635
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック